快適な入れ歯をお求めの方へ

おぎはら歯科医院では、入れ歯についてのご希望、ご要望をしっかりとおうかがいして、患者様にぴったりの入れ歯をお作りしています。現在お使いの入れ歯の使い心地に満足していない患者様の場合は、入れ歯の調整や入れ替えで問題を解決します。入れ歯の見た目が気になる患者様には、見た目が自然な入れ歯もご用意しております。お気軽に当院までご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯の違い

  保険の入れ歯
自費の入れ歯
素材 レジンのみ さまざまな素材から自由に選べる
構造 保険適用範囲内の技術のみで設計される 最先端の技術を用いた設計・型採りが可能
違和感 素材がプラスチックのため厚みがあり、違和感を覚えやすい 素材によっては薄く作れ、違和感を覚えにくい
審美性 低い。レジンは水分を吸収しやすいため、経年により変色する 高い
機能性 がたつきやすく、健康な歯に負担をかけやすい がたつきにくく、健康な歯に負担をかけにくい
強度 金属に比べると割れやすい 割れにくいので長期使用が可
熱伝導 熱が伝わりにくく、おいしさも感じにくい 熱の伝わりがよく、食事や飲み物のおいしさを感じやすい
リスク 清潔を保ちにくく、細菌が発生しやすい。清掃もしにくく、臭いがしみ込みやすく、口臭の原因になり得る 水分や臭いがしみ込みにくく、清掃も簡単で、清潔な状態を保ちやすい
修理 壊れやすい反面、修理しやすい 修理しにくい

当院の取り扱い入れ歯紹介

ノンクラスプデンチャー
歯ぐきの部分がピンク色の素材でできているため目立たず、軽くて軟らかい素材を使用しているため装着感もよいのが特徴の入れ歯です。金属のバネを使わず、周囲の健康な歯への負担が少ないのもメリットです。金属を使わないので、金属アレルギーの心配がありません。壊れても修理できない場合があり、汚れが付きやすいこと、費用が高いなどのデメリットもあります。
金属床義歯
床(歯ぐきにあたる部分)が金属でできている入れ歯です。床の部分を薄く作れるので装着したときの違和感が少なく、熱が伝わりやすいため食事をおいしくいただけます。ほとんどの症例に対応可能で、汚れが付きにくく丈夫なのもメリットです。修理・調整が難しく、素材によっては金属アレルギーを引き起こすこともあること、費用が高いことがデメリットです。

治療後のメンテナンス・ケア

治療後はぴったりと合っていた入れ歯も、残念ながら加齢による歯ぐきの痩せなどにより次第に合わなくなっていくこともありますので、こまめな調整が必要です。当院では、治療後も快適に入れ歯をお使いいただけるよう、定期的なメンテナンスをおすすめしております。装着時に変化を感じられたときも、放置せずにお早めにご相談ください。

ページの先頭へ戻る